読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問うことの彼方

作曲をライフワークとしエンジニアで生計をたてている者です。音楽のこと、社会のこと、人間のこと、科学のことなど、あらゆる事に問いを立てていきます。

創造行為における問い1

「問うこと」について問う意味は、「問う」という人間本質にかかわる行為についてのメタ的観察にもとづいて、さらにこれを問い直すことである。そうした観察を今後続けながら、このブログを自分の思索のメモ代わりにしようと思う。 私が大変気になっており、…

医学研究における議論のありよう

とある事情で医学研究の学術集会に参加した。医学の研究論文に触れることや医学関連学会にかかわるのは初めてではないものの、物理学を中心とする自然科学系の会議や報告会に慣らされた自分にとって、医学研究というのが、なかなか馴染めない。 医学研究とい…

創造における伝統

「伝統」について考えたい。 伝統とは過去につくられた方法論が現在にまで伝えられたものであって、それには口承伝達のように曖昧性を伴う場合もあれば、テクストに落とし込まれ誰もがそれを現在において参照・解読でき、共有概念として広く議論できる場合も…

世界は「問い」で構成されている

「問い」を立てることこそが人間存在の本質である。 世界を満たす事物はすべて、人間の「問い」が発せられる場そのものであり、人々の「問い」があるかたちあるものとして現実に固定化し、流動化し、変化していくものである。 たとえば音楽や絵画はそれ自体…